秋葉原の魅力を世界に発信「ミスアキバ2020」に濱口ハンナさん

2019年11月4日(月・祝)に神田明神ホールで行われた「ミスアキバ2020・グランプリ決定戦」(秋葉原電気街振興会後援)において、書道家アイドルの濱口ハンナさんがグランプリを受賞しました。
「ミスアキバ」は秋葉原の魅力を世界に発信すべく始動した「アキバを」「オタクコンテンツを」愛する女子のためオーディションとして今回2回目を迎えます。

濱口ハンナさんは3歳から書道を始め、文字の起源であり神に捧げる「古代文字」作家の第一人者である竹本大亀氏を師匠とし、学生時代には文部科学大臣賞を受賞。毎年始めには京都松尾大社で「年始奉納揮毫」を務め、書を納めている書道家であり、2016年からはアイドル書道家としての活動もしています。

今後濱口さんは2020年の1年間、「ミスアキバ2020」として、秋葉原電気街をはじめ数々の秋葉原のPRイベントに登場する予定です。

ミスアキバ
http://missakiba.jp/

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL