news

HOME > ニュース > 「活エネ・キャンペーン@アキバ」の結果報告

「活エネ・キャンペーン@アキバ」の結果報告

 2008年6月30日(月)〜7月6日(日)の1週間、秋葉原電気街振興会は、ワールド・コミュニティ・グリッド(日本IBM株式会社)、NPO法人産学連携推進機構と協力し、秋葉原の家電量販店の展示用パソコンの処理能力をアメリカ・ワシントン大学の研究活動に貢献する「活エネ・キャンペーン@アキバ」を実施しました。結果をご報告いたします。
 具体的には店頭の展示用パソコンにワールド・コミュニティ・グリッドのソフトウェアを導入し、「チーム・アキバ」としてアメリカ・ワシントン大学の研究活動「栄養価の高いコメを世界に(Nutritious Rice for the World)」プロジェクトに参加しました。展示用パソコンは使われていない状態が一定時間続くと、ワールド・コミュニティ・グリッドが起動し、研究プロジェクトの演算処理に、パソコンの余った能力を活用しました。
 本キャンペーンでは、合計で約3900時間(162日分強)の演算を当研究プロジェクトに貢献しました。 1週間という短期間のキャンペーンにも関わらず、本研究プロジェクトに大いに活用することができたことを実証するものとなりました。

 今後とも、秋葉原電気街をどうぞよろしくお願いいたします。

キャンペーン概要

キャンペーン名
「活エネ・キャンペーン@アキバ」
キャンペーン期間
2008年6月30日(月)〜7月6日(日)7日間
キャンペーン参加店舗
石丸電気株式会社、株式会社オノデン、九十九電機株式会社、株式会社ソフマップ、 ラオックス株式会社 ※五十音順
参加PC台数
約100台
稼働貢献時間合計
162日3時間25分25秒(2008年7月6日23:59現在)