news

HOME > ニュース > アキバ型環境貢献活動「活エネ・キャンペーン@アキバ」

アキバ型環境貢献活動「活エネ・キャンペーン@アキバ」
〜エネルギーを上手に活かす〜

 秋葉原電気街振興会とNPO法人産学連携推進機構、日本アイ・ビー・エムは共同で、秋葉原にあるPC販売店5社の展示用PCを、プロジェクトに利用するキャンペーンをおこないます。期間限定で、展示・起動しているPCを有効活用するというものです。全世界で進められているワールド・コミュニティ・グリッドによりワシントン大学の研究活動に寄与いたします。

「活エネ・キャンペーン@アキバ」
6月30日〜7月6日開催!

 今回のキャンペーンは、6月30日から7月6日までの一週間、石丸電気本店、オノデン本店、ソフマップ本館、ソフマップパソコン総合館、九十九電機パソコン本店、九十九電機ツクモDOS/Vパソコン館、九十九電機ツクモex.、ラオックス本店の展示用PC計100台を使って展開。スーパーコンピュータ並の計算を行なう社会貢献プロジェクト「ワールド・コミュニティ・グリッド」のプログラムに協力しています。
 従来よりも強い抵抗力をもち、大量収穫が可能で、かつ栄養価が高い新種のコメを作るための計算をおこなうことが目的で、たんぱく質の構造解析などを演算処理します。その計画はワシントン大学が進めている「栄養価が高いコメを世界に」という理念に基づいています。

 電気街は、4年ほど前から省エネ家電の販売推進など、省エネルギー化への取り組みを実践してきました。展示している家電商品についても、お客様がいない時間帯には展示用TVの電源を消すといった取り組みを行なっておりましたが、PCに関してはお客様が来てから電源を入れると立ち上がるまでに時間がかかるため、電源を入れたままにせざるを得ない状況でした。今回、電気街振興会に加盟する上記5社が賛同し、キャンペーンに参加、展示PCを有効活用いたします。

 今後とも、秋葉原電気街をどうぞよろしくお願いいたします。