Parking Information

HOME > アクセスガイド > パーキング情報

Parking
Infornation  パーキング情報  秋葉原のお買い物も「お車」で!!
 秋葉原電気街振興会、秋葉原UDXパーキング・秋葉原ダイビル駐車場・富士ソフトビル駐車場と提携。
収容台数800台のUDXパーキング秋葉原、同112台の秋葉原ダイビル駐車場、同112台の富士ソフトビル駐車場と提携
し、お買い物がますます便利に!

120分の駐車サービス券(当日限り有効)を進呈!
お買い上げ1万円(税込)以上で当該「パーキング駐車券」を御提示のお客様に120分の駐車サービス券(当日限り有効)を進呈!
※実施:秋葉原UDXパーキング=2006年3月18日(土)より
    秋葉原ダイビル駐車場=2006年7月24日(月)より
富士ソフトビル駐車場=2008年12月5日(金)より
秋葉原電気街振興会〔東京都千代田区、小野一志会長〕では、2006年3 月18日(土)より、「秋葉原UDX(*1)」の大規模駐車場「秋葉原UDXパーキング」、「秋葉原ダイビル駐車場」、「富士ソフトビル駐車場」と提携し、秋葉原電気街振興会加盟店(*2)で駐車サービス券取扱舗(*3)において製品等を購入されたお客様に駐車サービス券を発行致します。

収容台数:800台
営業時間:24時間営業
*バイクの駐車入庫受付時間は7:00-20:00
連絡先:03-5289-0989

収容台数:112台
営業時間:7:00-23:00
連絡先:03-5289-0289

収容台数:112台
営業時間:7:00-22:45
*全日定期契約者は24時間入出庫可能
連絡先:03-3526-5741

*1:「秋葉原UDX」=秋葉原駅前都有地の公募による入札により、 NTT都市開発、ダイ
    ビル、鹿島のデベロッパー3社で構成するUDXグループが当選、土地を購入し、
    再開発を実施。一帯を『秋葉原クロスフィールド』と名付け、「秋葉原ダイビル」と
    「秋葉原UDX」の2棟の超高層ビルから構成され、「産官学連携機能」、「情報ネッ
    トワーク機能」、「集客等機能」を有する。「秋葉原UDX」は平成18年3月9日(木)に
    オープンし、低層部(1〜4F)を「IT&集客機能スペース」と位置づけ、「飲食モー
    ル」「ショールーム」「デジタルワークショップ」「イベントスペース」「多機能スタジ
    オ」等を配置する。高層階は一般テナントオフィス。

  *2:「加盟店」=振興会の加盟店は全46法人約90店舗(平成25年7月1日現在)。

  *3:「駐車サービス券取扱店」は以下の法人・販売店です。(平成24年10月1日現在)。

■アッキーインターナショナル全店 ■エディオンAKIBA ■オノデン ■寿電機会田商会
■サードウェーブエクスチェンジ(じゃんぱら)全店 ■坂口電熱 ■ソフマップ全店
■宝田無線電機 ■田中無線電機全店  ■九十九電機全店 ■ナカデ電気商会 ■ラオックス全店



駐車場および駐車サービス券発行店舗については
印刷用タウンガイドマップ「A-Style」第91版(PDF)をご覧ください。



PDFファイルをご覧になるには、Adobe Reader(R)が必要です。
駐車サービス券発行の基準
駐車サービス券発行の基準は、お買い上げ金額1万円(税込)以上(または「買取り1万円 以上)のお客様で、UDXパーキング、または秋葉原ダイビル駐車場の駐車券を該当販売店で 御提示いただいた場合に対して120分の駐車サービス券(当日限り有効)を発行と致します。 (バイクは対象外です。特売品など一部対象除外品があります。詳しくは店頭でお尋ねください) 尚、同日内での秋葉原電気街振興会加盟店における駐車サービス券取扱店での発行は、「120 分の駐車サービス券」を上限とします。複数の店で、それぞれ1万円(税込)以上をお買い上げ (または買取り)頂きましても、1店舗のみの、1回「120分の駐車サービス券」を発券させていた だき、2店舗目以降は発行しません。

「UDXパーキング」は収容台数が800台、「秋葉原ダイビル駐車場」は同112台の大規模駐車場 で、かねてから駐車場不足が指摘されていた秋葉原にとっては、お客様に大きな便利さを提供 できる有効な施設として、運営会社である株式会社駐車場総合研究所(東京都渋谷区・http://www.pmo.co.jp/)と提携を実現。一部の販売店が個々に提携するので はなく、街全体の組織として提携することで、共通のサービス券の使用が可能になり、お客様に とってもわかりやすい仕組みが可能になりました

秋葉原電気街振興会は、今後、お車での買物のお客様の利便性を高め、一層の増加を図る為 に、駐車場を掲載した「電気街マップ(A3/四つ折り・4色)」の制作・配付や「秋葉原ホーム ページ」での告知に努め、本サービス券の認知拡大、利用促進に努めます。